ほんの一握りではありますが投資で勝ち続けている投資家は存在します。そんな投資家たちに共通点は存在するのでしょうか?

  • ホーム
  • 投資で一番必要なこととは?

投資で一番必要なこととは?

グラフ

株式投資で成功するために必要な要素には銘柄選びやテクニカル指標の分析方法、決済のタイミングなどがありますが、一番必要なことはこういったものではなく投資家自身が持つべき規律なのです。
規律は相場分析の方法など実践的な投資手法と比較して意識されることが少ないですが、規律が無い投資家は株式市場で成功することはできません。

規律とは、自身が株式投資を行うにあたって守らなければならないルールのことです。
どんな状況にあってもあらかじめ決めておいたルールを遵守し、ルールから外れた投資行動は取らないことこそが規律です。
規律を守るためには投資におけるルールを作らなければなりません。

ルールとして定めるべきものとして挙げられるのは、意志決定は自分で行うということです。
現在の株式市場を見て非常に多くの数がある上場企業の中から投資するべき銘柄を選ぶという決定は、他人の意見に惑わされず自分で決めなければなりません。
著名な評論家のコメントや雑誌記事、さらにはインターネット上の掲示板における書き込みなどを見て銘柄を選ぶことは避けるべきです。
株式投資は自分自身の力で行わなければ継続して続けることができなくなってしまうのです。

また、ロスカットにもルールが必要です。
ロスカットを行うことで損失を最小限に抑え資金を次の取引で活用できるためです。
ルールの基準は評価額の損失割合や絶対的な損失額などで決めますが、これも自分で考えて決めることが大切です。
ルールを決めたら、相場に向かっている間は常にルールを意識します。
あらゆる投資行動を取る前にルールを守っているかを確認し、ルールから外れていれば再考することが規律であり、成功の秘訣なのです。

関連記事
アーカイブ