ほんの一握りではありますが投資で勝ち続けている投資家は存在します。そんな投資家たちに共通点は存在するのでしょうか?

  • ホーム
  • ヒオキ株でリンゴを食べる方法?

ヒオキ株でリンゴを食べる方法?

株式投資において迷ってしまうは、いったいどの株を買えばよいのだろうかという決断方法ではないでしょうか。
でも、それは案外、ご自身のシンプルな欲望に従えばよいのかもしれません。
例えば、あなたが「リンゴが食べたい」と思ったとしましょう。

それで、リンゴが貰える株主優待制度がないものかと株式銘柄を調べてみますと、「ヒオキ」のような会社を探し当てることができます。
すなわち、この会社の株式を6月末に100株持っていれば信州りんごを3.5kg、1,000株以上持っていれば信州りんごを5.0kg頂くことができるのです。
しかも、ちょうどリンゴが旬の季節となる12月初旬に優待品が送付されてくるようになっています。
同社の現在の株価は2,000円前後ですから、約20万円と手頃な価格で優待の権利を取得することができるわけです。

このような感じで、自分のシンプルな欲望に従って投資をしていくという手法は、あまりプロフェッショナルな投資術にはみえないかもしれませんが、意外と成功する可能性が高いと言えるかもしれません。
というのは、あなたがこの優待の権利を取得したいと思ったということは、同じように思っている人が他にもたくさんいるということでもあるからです。
つまり、このような優待銘柄は、根強い優待人気に支えられていて、価格が値下がりしにくいという傾向があるということなのです。
また、このような優待銘柄の場合には優待の権利取得日近くになりますと、価格が値上がりするという傾向があります。
あなたが心変わりをして、もうこの銘柄は売却してしまいたいと思ったとしても、優待の権利取得日近くで売却をしておけば損をしにくいと言えるわけです。

関連記事